・プロミスの金利 4.5−17.8% 
・借り入れ利用額 1万円から500万
・携帯申込み可能で即日融資も可能
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。」
・主婦、パート・アルバイトの方も平日14時まで審査申込み完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方
・来店不要ですぐに借りたい方におすすめ

 

↓30日間無利息プロミスで即日キャッシング
プロミス

 

↓女性オペレーター完全対応 プロミスレディースキャッシング

 

プロミス審査では、うそをつかなければ信用される

 

プロミスで収入証明書提出とをもめられないようにするには、借入額を50万以下にする必要があり、希望する借入額が少ないとその分借りられるケースが高くなります。

 

ほんとうに50万以上一度に借り入れる必要があるか検討し、当面必要になる額だけ借りることを考えてください。

 

必要ない分借りても、多くの利子を払うこととなって、結局返済額を無駄に増やすことになります。

 

次に申込み前希望借入額、他社での利用残高合計100万以下になるようにしましょう。

 

新たにお金借入申込みする前、今の借り入れ状況をすべて把握して整理できるのは早く返済して下さい。

 

すぐ整理できない時返済プランを変更し数か月かけてでも借入額の合計100万以下になるよう返済して、申し込みしましょう。

 

すると借入まで多少時間がかかりますが、収入証明書提出なしで新たに融資してもらえるケースが多くなります。

 

思いがけずお金が必要になることはよくあるものですが、事情があり収入証明書提出できない時や、

 

できるだけ収入聡明書提出なしで融資を受けたければ注意点もあって、

 

借入額50万以下・他社での借入額と合わせ100万以下にする・

 

申し込み内容でうそをつかないで誠実応対をすることが大事です。

 

プロミスは審査も早い

 

プロミス審査時間は最短30分で融資までの時間は最短1時間ですが、実際混雑状況によって審査時間が前後することがあります。

 

プロミスの窓口に手続して、その場でカード受け取りやコンビニでお金をひい出す方法があり、この特徴は、その場でカード発行して直ぐ引き出せること。審査は最短30分で終わって自宅や会社近くに自動契約機があればとても手軽な方法。自動契約機で申し込みは約30〜40分程度で終わります。

 

契約完了するとカードを受け取れて、近くのATMから引き出せます。自動契約機Kでカード発行して、ATMからひきだすときですが、メリットには休日でも手続きできて、その場でローンカードを受け取って、近くのコンビニからいつでも引き出せること。デメリットは自動契約機に行って手続きをする必要があり、審査中自動契約機内で待機する必要があります。

 

そして、ネット申込みしたら審査時間は最短30分で、完了後自動契約機へいってカード発行するとすぐATMから引き出せられ、自動契約機での手続き時間は少なくても30分内に完了して申し込みから融資までの時間移動時間も含め1〜2時間ほど。

 

ネット申し込みで、自動契約機からカードを受けとったらATMからお金を引きだした時のメリットは、自動契約機でカード受け取りまで時間を短縮できます。

 

プロミスの在籍確認を回避する 職場への電話なし

 

手軽にお金を借りられるからといって、100%安心していいという話ではありません。

 

お金を借りた時に、貸金業者の中には、在籍確認や職場電話連絡というものをしてくる会社があります。

 

 

私は22歳の男性で、東京都内の会社に勤務しています。

 

派遣社員に給料も高くはありません。このあいだプロミスでお金を借りました。

 

自転車が故障したので、新しいものを購入しようと思ったからです。

 

まとまったお金を借りて、新しい自転車を購入することができました。

 

 

チェックシート

 

もちろんお金を借りたことを自宅に連絡される在籍確認もなく、

 

会社に連絡をしてくる職場電話連絡もありませんでした。

 

安心して借りられるのはプロミスの特徴です。

 

 

私の7歳年上の先輩が、無名の消費者金融からお金を借りた際に、

 

家族にお金を借りたことが知られてしまって、

 

会社にまで職場電話連絡がされたという人がいます。

 

 

彼は、結局お金を借りたことがバレて、さらに不倫をしていたことまでバレてしまったそうです。

 

会社の評価を低くなり、転勤してしまいました。

 

 

先輩のことを見て、在籍確認も職場電話連絡もない消費者金融のプロミスなら安心して借りられるのにな、

 

とアドバイスをしたかったです。プロミスなら安心ができますよ。

 

 

 

プロミスにインターネットでお申込みすると自動審査が開始され、合格しだい在籍確認のため職場電話連絡を行います。

 

 

プロミス会社名ではなく担当個人名で電話をかけてきますが、中には個人名でも困ると言う方は多いと思います。

 

そんなときでもプロミスでは収入証明書類の提出を行えば回避できる場合があります。

 

 

それには条件があり50万円以上のご利用限度額を希望しないこと、

 

プロミスで希望するご利用限度額と他社の借入額と併せて100万円を超えないことです。

 

収入証明

 

50万円以上とまとまった借入をしたいときには収入証明書類の提出が

 

求められますし、職場にも電話が掛かってきます。

 

職場に電話が掛かってくるのは困る場合は少なめのご利用限度額を

 

希望された方が良いです。

 

 

 

収入証明書類の提出を求められたのに提出できなかった場合はご利用限度額の減額、あるいは借り入れ停止と

 

なりますので注意が必要です。

 

なお総量規制によって年収の3分の1以上は貸金業者から借り入れが出来ないことになっています。

 

他社からの借入額があり年収が少ない場合はプロミスの審査じたいに受からない可能性があります。

 

その他にも他社の借入件数が多い場合も審査が厳しいです。

 

3社以上の借入件数がある方は2社以内に減らしてからお申込みすることが大切です。

 

金融機関の審査には仮審査と本審査がある

即日審査・即日融資を行っているカードローンが多くなり、

 

即日お金を借りるのに便利になりました。

 

カードローンは消費者金融や信販、金融機関などで提供されています。

 

このうち金利が低くてお得なのが金融機関のカードローンです。

 

その代わりに金融機関の審査が厳しい傾向があり、審査に受からない場合は即日お金を借りることが出来ないです。

 

金融機関の審査には仮審査と本審査の2つがあり、両方受かることが必要です。

 

仮審査では申込者の年齢や家族構成、居住形態、職種、勤務形態、勤務年数、年収などの属性から

 

融資可能かどうかコンピュータが自動的に判定していることが多いです。

 

コンピュータなので仮審査は非常にスピーディー、パソコンやスマートフォンで申込みされるとすぐに

 

画面上に結果が出てくる金融機関もあります。

 

属性しだいでは仮審査に落ちてしまうことがあります。

 

仮審査の後に本審査が開始されます。

 

本審査では人の手で行われるので、時間がかかることが多いです。

 

早い金融機関なら最短30分で本審査の結果が出ることがあります。

 

本審査では仮審査で申告された情報に間違いが無いかチェックしたり、

 

勤務先へ在籍確認を行ったり、信用情報のチェックなどを行っています。

 

仮審査に受かっても本審査で落ちてしまうことがあります。