三井住友銀行のカードローンのメリット

 

消費者金融のプロミスやSMBCモビットは三井住友銀行グループの傘下に入っていて

 

サービス面などが強化されているので安心して利用する事が出来ます。

 

またその三井住友銀行でもカードローンのサービスを提供しています。

 

三井住友銀行は銀行のカードローンなのでプロミスやSMBCモビットなど消費者金融とは

 

サービス面が大きく異なりますが、

 

銀行ならではの安心感があるので利用しやすいカードローンです。

 

三井住友銀行のカードローンにもいろいろなメリットがあります。

 

まず挙げられるのは上限金利が14.5%と設定されていて金利が低いという事でしょう。

 

プロミスの上限金利は17.8%、SMBCモビットの上限金利は18.0%なのでそれに比べるとはるかに低い設定です。

 

そのためお金を借りる時の安心感もありますし返済の負担も軽減する事が出来ます。

 

三井住友銀行のカードローンの最大のメリットは即日融資が可能という事でしょう。

 

三井住友銀行の店舗内にはローン契約機が設置されていて

 

そのローン契約機で申し込みをすると契約完了後のすぐカードが発行されます。

 

カードが発行されたらATMでお金を借りる事が出来るので即日融資が可能というわけです。

 

銀行カードローンは審査が厳しい傾向があり即日融資に対応してもらうのはなかなか難しいので

 

即日融資が可能という事は大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

三井住友銀行カードローン審査は厳しい?在籍確認前に知っておきたいこと

 

三井住友銀行のカードローンでお金を借りる場合には、最終的に在籍確認を行いますが、それ以前にはいくつかの審査項目があります。在籍確認を行う前に知っておきたいことの一つは、総量規制になります。総量規制とは、年収の3分の1を超えた金額を借りることができない決まりになっており、消費者金融などのノンバンク系で採用されているものです。以前であれば、三井住友銀行などの銀行系の場合には総量規制は一切関係のない話しでした。

 

ところが2017年から総量規制を銀行にも適用するべきとの議論が起こり、現在では法律が制定されていないものの銀行でも総量規制を適用しているところもあります。法律を制定していないため、総量規制以上にお金を貸しても全く問題はありませんが、銀行側としても総量規制を意識して従来のような金額を貸してくれるとは限りません。

 

通常であれば、銀行がお金を貸す場合には借り主の年収の半分程度までが基本です。ところが、2017年以降は半分も貸してくれないところがありました。現在のところ三井住友銀行では、総量規制には従っていないもののいずれは総量規制に近いぐらいの規制が入る可能性が考えられます。

 

もう一つ知っておきたいことは、以前に債務整理をした場合の対処法です。これは三井住友銀行以外でお金を借りた場合に関係がある話しですが、ほかの金融機関でお金を借りた時に債務整理をしてしまった場合には最低でも5年以上はお金を借りることができません。

 

債務整理の中でも厳しいのが、自己破産になります。過去に自己破産をしてしまうとその時から10年間はお金を借りることができないと考えておいた方がよいです。

 

仮に債務整理をしていなくても支払いの延滞があった場合には、ブラックリストに名前が載っている可能性があるでしょう。1か月程度滞っただけであればブラックリストに載ることはありませんが、通常は3カ月連続で支払いが滞っている場合にはブラックリストに名前が載ってしまいます。

 

この場合は、債務整理と同様に5年程度はお金を借りることができなくなります。場合によっては3年程度でブラックリストから名前が消去されることもありますが、5年ぐらいの時間がかかると考えておけば間違いありません。

 

ブラックリストに名前が掲載されているかを確認する場合には、情報信用会社の方に連絡を入れれば閲覧することが可能になります。これを閲覧する場合には、1000円かかりますので要注意です。

 

三井住友銀行カードローン金利シミュレーション 返済スケジュールをチェック

 

三井住友銀行でカードローンを利用するときに大事なこととしては、金利シミュレーションを行っておくことが挙げられます。このシミュレーションをすることによって、返済スケジュールの大体の目安を把握することができるためです。

 

返済シミュレーションは三井住友銀行のサイトからアクセスすることや、店舗の窓口などで確認することができます。利用方法は、用途別に分かれています。

 

三井住友銀行の公式サイトにアクセスする場合に毎月の返済額を知りたいときにおいては、毎月返済額のシミュレーションの項目をクリックしてから借入金額と返済月数をそれぞれ入力します。計算方法に関しては、全て元利均等返済方式で計算して出されます。金利は、特に指定が無ければ年利14.5%で計算されるという仕組みです。

 

例としては、借入金額が100万円で12か月をかけて返済する場合にシミュレーションした場合はは毎月90,022円の返済となります。

 

返済スケジュールをチェックする場合には、返済期間のシミュレーションの項目をクリックします。そして借入金額と毎月返済額をそれぞれ入力すると知りたい結果が出るという仕組みです。例えば、100万円を借り入れて毎月返済額が5万円程度である場合にそれぞれ入力するとシミュレーションの結果は返済期間は24ヶ月となります。

 

それから、借入可能額もシミュレートすることができます。こちらは毎月返済額と返済期間を入力すると借入可能額が分かるということになります。毎月返済額が5万円で返済期間が15ヶ月を入力すると682,256円 までのお借り入れが可能という結果がでますので、意識しておきましょう。

 

ただし、これらの結果はあくまでも目安に過ぎず返済期間やスケジュールが変動することもありますので過信せずに定期的に公式サイトなどで返済金額や返済スケジュールなどをチェックすることが大事といえるでしょう。もう一つ注意するべきこととして、返済期間中に借入を希望するときには返済スケジュールが遅れることになります。ですので、借りすぎには注意しておくようにすることが求められます。

 

三井住友銀行のカードローンに限らず金融機関から借金をするときには計画的な利用を行い、返済スケジュールに充分に気を配ることが非常に重要です。あとで返済できなかったりあるいは法的なトラブルになってしまうことを避けるためにも、余裕を持った返済スケジュールを立てておく必要があるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンは繰り上げ返済、一括返済は可能?どうしても早く返したい場合

 

家電製品や車が壊れる、冠婚葬祭など、急な出費に対してお金借りることのできる三井住友銀のカードローンを利用する人も多いことでしょう。近年ではインターネットで契約できたり借り入れができるので非常に便利ですが、その反面安易に借り過ぎることにもなり、知らずに返済額が膨れ上がってしまうケースも見られるので注意が必要です。

 

三井住友銀のカードローンの返済方法としてはATMや振り込み、口座振替、ネットバンキングの4つの方法が得られます。毎月の返済日に一定額を返済する必要がありますが、もしも余裕があるときには繰り上げ返済や一括返済を検討するのもよいでしょう。

 

たとえ一部の返済であっても元金に充当することとなるので、返済額以上返済していくことによって利息を減らすことにもつながります。

 

通常の返済ではなく、臨時に返済する場合にはATM、振り込み、ネットバンキングでの返済となります。ATMで繰り上げ返済や一括返済を行う場合には、提携ATMの場合には1000円単位で入金することになるため注意が必要です。

 

もしも借入残高が5万210円であった場合には、ATMで一括返済を行う場合には5万1000円を入金することで全額返済となり、オーバーした分については、カードローン口座の普通預金として預かり金となります。もしもネットバンキングを契約しているのであれば手間も時間もかかることなく、1円単位で返済ができるネット返済を利用しましょう。

 

もしも一括返済をする場合には借入残高や利息を含めた総返済額を確認する必要があります。借入額についてはいくら借りて金利は何パーセントなのか、借り入れ日数などについて利息の計算を自分ですることができるのであればよいのですが、なかなか難しい場合にはコールセンターなどに問い合わせを行い、確実に金額を把握した方がよいでしょう。

 

ネットバンキングの画面でも利息の明細を見ることができるので、一括返済をしようと思った場合には、三井住友銀行カードローンプラザに電話で確認するが、ネットバンキングを利用するようにしましょう。

 

ネットバンキングで一括返済を行う場合には、SMBCダイレクトにログインし、商品サービス一覧からカードローンを選択しましょう。

 

その後カードローンのご返済の部分を選択し、振替の設定と返済金を入力します。振替内容の確認を行い受け付けが完了となれば返済は完了します。繰り上げ返済や一括返済をすることで、利息の負担が軽減されるので、無理のない範囲で返していくようにしましょう。

 

 

三井住友銀行カードローンログイン後、会員サイトで残高照会可能?使いやすさとオススメ度合いは

 

三井住友銀行は3大メガバンクのひとつです。

 

三井住友銀行カードローンはお金借りる人にとって便利なので、多くの利用者がいます。

 

ローンの特徴のひとつが、契約極度額に応じた金利です。契約極度額に応じて借入利率が異なります。

 

借入利率は変動金利で、金融情勢などによって金利は変更されます。借入利率や契約極度額は審査によって決まります。

 

三井住友銀行カードローンは毎月の返済が2000円からなので、初めてカードローンを利用する人でも安心です。

 

毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されています。

 

約定返済にかかわらず臨時返済が可能で、返済時の利息以上の金額をカードローン口座に返済できます。

 

三井住友銀行のスマートフォンアプリを使えば、インターネットバンキングの一部機能を簡単に利用することができるので好評です。

 

生体認証情報の登録を行うとそれぞれの認証情報で三井住友アプリにログインすることが可能で、投資信託やカードローンの残高照会もできるので便利に使えます。

 

三井住友銀行カードローンには、様々なメリットがあります。

 

最寄のATMでいつでも借入と返済ができ、提携金融機関のATMも利用可能です。

 

三井住友銀行カードローンは、申し込む時に店舗まで行く必要がなくWEBで必要書類を提出できます。

 

三井住友銀行に口座を持ってなくてもすぐに申込みができます。担保や保証人も不要でインターネットを利用してすぐに申込みが可能です。

 

審査結果は電話か電子メールで届きます。手元にあるキャッシュカードでもローン専用カードでも借入ができるので便利です。

 

カードローンの審査結果は、最短で翌営業日の回答になります。三井住友銀行カードローンは申込み手数料や年会費などがかからないので安心して利用することができます。

 

三井住友銀行カードローンに申し込む場合、運転免許証など本人確認書類が必要になります。

 

申込み金額が50万円を超える場合は、現在の収入が確認できる書類の提出が必要です。

 

初めて三井住友銀行カードローンを利用する場合、毎月いくら返せばよいかわからない人もいます。そのような場合はシミュレーションで毎月の返済額や返済期間を確認することができます。
カードローンの明細書が送られることはなく、定期的に郵送を希望する場合は手続きが必要になります。

 

手続きをすれば3ヶ月ごとの取引明細を送ってくれます。

 

カードローンについて不明な点があれば、三井住友銀行カードローンプラザで問い合わせを受付けています。

 

三井住友銀行カードローンの返済が遅れたらどうなる?厳しい取り立てがある?

 

三井住友銀行カードローンを利用してお金借りることができたけれども、カードローンの返済が遅れてしまうと自宅に取り立てに来るというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし銀行カードローンの場合には運営が保証会社が担当することとなっているため、自宅に取り立てに来るようなことはないでしょう。

 

しかし取り立てに来ないからと言って返済が遅れてもいいというわけではなく、場合によっては裁判に発展することもあるなど、返済が遅れることはデメリットしかありません。このようにならないためにも三井住友カードローンの返済が遅れてしまった場合には、どのようなことが起きるのかを知っておく必要があるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンの返済が遅れた場合には、まず最初に保証会社から催促の電話が来ることになるでしょう。指定された返済日の翌日に、契約の際に記入した電話番号に、返済が遅れているという旨の催促の電話がかかってきます。その後いつであれば支払いができそうなのかを確認してくることでしょう。ここで支払日を指定し、その確認ができればそれまでの間は催促の電話はありません。

 

もしもこの催促の電話に出られなかったり、電話に出て支払日を決めたけれども約束通りの日までに支払いができなければ、催促状が郵送されることとなります。催促状は銀行名で郵送され、返済日が遅れているので早めに支払ってほしいという内容が書かれています。

 

さらにこの催促状を受け取っても支払わなかった場合には、催告書が届くことになります。この催告書がどのようなものかというと、約束した期限までに支払いを行わなければ法的手段をとるという内容です。そしてこの催告書を受け取ったにもかかわらず、支払いを行なわなかったり無視をしている場合には、最悪の場合には裁判を起こされてしまう可能性もあるでしょう。こうなると給与の差し押さえも覚悟しなければなりません。

 

また三井住友銀行カードローンの返済が遅れた場合には、その他にも様々なデメリットが生じることとなります。その内容としては信用情報に返済の遅れの情報が残ったり、延滞損害金の発生、さらに新たな借り入れができなくなったり、限度額が引き下げられる、新しいカードやローンの審査に通らなくなるなど様々なデメリットが生じることとなります。

 

どうしても返済が遅れてしまいそうな時には、それが分かった時点ですぐにカードローン会社に電話をして、救済措置を取ってもらうなどの対応をお願いしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの契約極度は増額できる?増額審査でも在籍確認いる?

 

三井住友銀行カードローンでお金借りるときに契約極度が少ないのであれば増額はできますが、審査があるので申し込んだだけでは落ちることもあります。

 

銀行カードローンなので総量規制の対象にはなりませんが、金額は信用で判断しているので契約してからすぐには増額できません。最低でも6か月間は継続利用して実績を作る必要がありますが、このときに返済の遅延は絶対に起こさないようにしましょう。遅延するのであれば増額した際に返済できなくなる危険性が高いので信用されなくなります。永久に影響を及ぼすものではありませんが、必要になる期間が長くなってしまうので避けるべきです。

 

なお、増額審査は新規契約よりも厳しいものと考えた方が良いでしょう。金額が多くなればそれだけ危険性も高くなるので慎重に判断されます。

 

契約時よりも年収が下がっている、転職してから時間が経っていない、他社からの借り入れ額や契約数が増加しているような場合には申し込むべきか注意が必要です。審査は増額するかどうかを決めるのではなく、契約極度の見直しを行うものなので、返済能力が低下していると判断できる要素があり、それが現在の極度に釣り合わないとされると落ちるだけでなく引き下げられる場合もあり、残高の方が上回っていると返済が進むまでは追加の借り入れができなくなるデメリットがあります。利用実績を作れば良いというだけでなく、希望額に見合う返済能力も必要です。

 

審査に落ちるのを避けたいのであれば、増額の勧誘が通知されるのを待つと良いでしょう。通ると保証される通知ではありませんが、優良顧客と認めた相手に対して囲い込みのために条件を良くできると勧誘して来るので既に信用された状態であり、属性が悪化していなければ通ります。

 

在籍確認は行われる場合もありますが、新規契約するときに行ったものと同じことが行われるので心配ありません。以前に個人名、または銀行名を名乗るように依頼していたのであれば、今回も同じように依頼すれば周囲にバレずに済みます。再度確認が行われるのは契約後に職場が変わったり退職しているのに情報を更新していない可能性があるからです。

 

そのため、例えば三井住友銀行に預金口座を開設しており、給与の振込先として使っている場合には現在も同じ勤務先に在籍しているのが分かるので省略することがあります。銀行が決めることなので、自分で在籍確認は都合が悪いので省略して欲しいと依頼はできません。

 

 

三井住友銀行のおまとめローン情報 消費者金融3社をまとめて金利を減らせる?

 

金利の高い消費者金融と契約して返済の負担を感じているのであれば、三井住友銀行からお金借りることで金利を下げて解消できます。おまとめ専用のローンは存在しませんが、その代用として使えるものが複数あるので条件に合うものを選びましょう。また、審査の際には借り入れ総額だけでなく契約数も影響しますが、3社までなら大きな悪影響にはなりません。

 

身近なものではカードローンの用途が自由であるため借り換えとしても利用できます。上限も800万円までになるので複数の借り入れをまとめるのに十分な金額です。ただし、申し込みの際に3社の合計を希望額として記載しただけでは借り過ぎと判断されるので審査に通らなくなってしまうので、借りたお金で消費者金融を一括返済するために必要であると相談しましょう。

 

利用条件に制限のあるものではフリーローンの無担保型があり、カードローンと同様に担保も保証人も必要ありませんが、金利が低くなるので返済に負担を抑えられる特徴があります。

 

ただし、上限は300万円と低くなっており、前年度の年収が200万円以上が必要であり、その50%までしか借りられません。消費者金融からの借り入れであれば総量規制で年収の3分の1までしか借りられないため、50%の制限はまとめる際の障害にはなりませんが、上限が低いことや最低年収の指定があるので注意しましょう。また、利息総額を抑えるために有効である繰り上げ返済を行うと5400円の手数料が発生したり、契約時に印紙代が引き落とされます。

 

なお、この金利が5.975%であるのに対してカードローンの下限は4.0%なので一見すると高く見えますが、これは借り入れ額の上限によるものです。300万円であればカードローンは8.0%になるため、金利の比較方法を間違えないようにしましょう。

 

低金利で300万円を超える金額をまとめるのであればフリーローンの有担保型があり、無担保型より金利が低い、評価額次第では1億円まで借りられる、返済期間を30年にできることがメリットです。ただし、他のローンと比べると保証会社の審査に通るだけでなく団体信用生命保険の加入も必要になり、高額になるほど厳しくなります。

 

保険に入るので死亡時に遺族に借り入れが残らずに済みますが、不動産を担保にしているので返済できなくなると売却されることがデメリットです。また、契約時に32400円の保証手数料が必要なので、総額が少ないときの利用には適していません。

 

 

三井住友銀行カードローンの金利は安い?銀行カードローン徹底比較

 

急に現金が必要になるときや冠婚葬祭ですぐに手元にお金がいるという時に便利なのがカードローンでしょう。一昔前まではお金を借りる事を負担に感じる人も多かったですが、最近は銀行などの大手金融機関が積極的にカードローンの案内をする時代になりました。お金借りるなら銀行のカードローンでという
キャッチフレーズもよく見かけます。お金を借りる時に大切なことは、融資を受けられる条件を調べる事や金利が安いかどうかの確認は大切でしょう。

 

例えば、三井住友銀行カードローンはコンビニのATMなどからも気軽に借りる事ができると話題のカードローンです。実際にローン金利が安いかどうかは他社と比べてみるとわかりやすいです。大手銀行が提携するカードローンは商品展開も豊富でどれにするか迷ってしまいます。

 

その中でも三井住友銀行は年率4%から14.5%程度となり、他社の銀行カードローンと比べても標準的な金利といえます。ネット銀行よりは若干高金利になりますが、窓口や支店がありお客様対応がしっかりできる点では、三井住友銀行が優勢といえるでしょう。

 

また他社の金融機関と比べたときに、金利差が少し増えたとしても月額の返す金額にすると1000円程度になります。またネット銀行は基本的に窓口対応ができないので何かトラブルが起こっても解決できないといった事象もありえます。

 

金利差が少しありますが、三井住友銀行であれば窓口などがあるため、トラブルにもしっかり対応してもらえます。更にお得な情報として、すでに三井住友銀行の住宅ローンを支払っている人は金利がお得になるなどのメニューもあります。

 

三井住友銀行のカードローンのメリットは金利が標準的であることや、コンビニのATMで引き出しができます。急にお金がいるときなど、手数料無料は非常にうれしいです。申し込み方法も簡単で普段忙しい人のためにネットからの受付もできます。また三井住友銀行のカードローンのメリットは融資額が最高800万円というところになります。

 

借りれるだけのお金を借りるのではなく、自分が返済できる分だけのお金を借りる事も大切でしょう。計画的にお金を借りてしっかりと返済計画を立ててから、融資を受ける事で返済に振り回される事なく借金を返す事ができます。

 

臨時出費や冠婚葬祭でお金が必要になった時は焦らずに、資金計画をしっかりと立てる事が重要です。低金利でコンビニの手数料がかからない三井住友銀行のカードローンは強い味方になります。

 

三井住友銀行カードローンのSMBCダイレクト・SMBCポイントパック口座を持っていると何がメリット?

 

三井住友銀行カードローンを利用してお金借りる際に、SMBCダイレクトのSMBCポイントパック口座に入っておくと色々なメリットがあります。カードローンを利用する前からSMBCダイレクトでインターネットの口座を持っていると来店しないでカードローンを組むことができます。またその際に必要な書類に関してもWeb上から提出できるのがポイントです。あとは審査結果を待ち、その結果カードローンが組めるとなればお金借りる流れは完了です。あとは手持ちのキャッシュカードがカードローンと兼用になるため、すぐに利用できます。

 

SMBCポイントパック口座では利用状況に応じてポイントが付与されるのが特徴です。カードローンを利用する場合ではカードローンの残高に応じてポイントが貯まります。10万円につき5ポイントが貯まるため、50万円の残高がある場合は25ポイントが毎月貯まっていき、住宅ローンの場合は100万円につき5ポイント貯まるようになっていたり、円預金や外貨預金でもポイントが設定されており預けているだけでもポイントがつきます。またSMBCポイントパックに加入していると毎年10ポイントが貯まるようにもなっています。

 

これらのポイントは様々なサービスに応用できます。住宅ローンでは繰り上げ返済を行う際の手数料がポイントで支払うことができ、場合によっては無料で繰り上げ返済が行えます。SMBCダイレクトを使った他の銀行への振込みもポイントを使えば無料で行える場合があるなど非常に便利です。円に関する定期預金ではポイントがあれば、年1%の金利をつけることが可能です。必要なポイントは預け入れの金額や期間によって変わりますが、なかなか年1%も金利がつかない中でポイントを活用すればこうしたことも可能になっていくため、単にカードローンを利用しているだけでもプラスです。

 

他にもプラスなのはコンビニによっては月に3回まで手数料が無料となり、三井住友銀行でATMを利用する際には時間外手数料が無料です。また通帳をWebにすれば、スマートフォンなどから残高が確認できます。すべてをインターネットバンキングにすることでカードローンを利用した際も確認が色々とできるだけでなく、ポイントなども付与されるためお得に利用できます。そしてカードローンを返して貯金を始める場合には今までのポイントをうまく活用して利息をつけてもらうようにするというのも1つのやり方です。

 

 

三井住友銀行キャッシュカードとカードローンのカードは別?みずほ銀行のように一枚で対応できる?

 

お金借りるなら安心感のある銀行を選びたいという方も多いでしょう。銀行カードローンをお探しの方には三井住友銀行がおすすめです。

 

三井住友銀行のカードローンならローン専用カードか普通預金のキャッシュカードのどちらかを選ぶことができるので、既にキャッシュカードをお持ちの方は新たにカードを発行する必要がありません。普通預金キャッシュカードの場合はカードローンの返済用預金口座として指定するので、毎月自動的に引き落とされて大変便利です。

 

三井住友銀行のカードローンを利用してお金借りることのメリットは、大きく分けて3つあります。1つ目は金利の幅が広くて利用しやすい点で、年4%から14.5%の範囲で設定されます。借入利率は変動金利となるため、詳しい金利については申し込みの際に確認しましょう。

 

2つ目のメリットは近くのATMでいつでも借り入れと返済ができる点です。三井住友銀行のATMだけでなく提携金融機関やコンビニに設置されているATMも利用できますから、遠くの銀行まで足を運ぶ必要がありません。3つ目のメリットは来店不要で申し込めることで、必要な書類はインターネットで提出可能です。従来の銀行カードローンは口座を持っていないと来店不要で申し込めないケースもありますが、三井住友銀行なら口座を持っていない方もすぐに申し込めるので安心です。担保や保証人を用意する必要もないので誰でも気軽に申し込めるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンの申し込み方法はインターネットの他にローン契約機、電話、窓口、インターネットバンキングなどが揃っています。パソコンやスマートフォンを使って申し込む場合は専用画面でログインした後、必要事項を入力して送信しましょう。本人確認書類を提出すると審査が行われますが、審査結果は最短で翌営業日には知らせてくれるので急ぎのときも安心です。審査結果については入力した電話かメールアドレスに連絡があります。

 

普段使っているキャッシュカードがそのままカードローンでも使用できるので、専用のカードが送られてくるまで待たなくても良いのです。インターネットにアクセスできない場合は電話で申し込むといいでしょう。電話をかけると申込に必要な項目をオペレーターに告げるだけで構いません。運転免許証などの本人確認書類を提出したら審査結果が届くので、ローン契約機か郵送でローン専用カードを受け取りましょう。
三井住友銀行カードローンは満20歳以上69歳以下の方が申し込みの対象となっています。